肩の不調と骨盤の関係

出典: PhysioOsteoBook

先日左肩の不調でいらした女性の患者様。

検査すると左右の足のつま先の位置や骨盤の高さの違いがありました。

ご本人様も骨盤の歪みを自覚されているとのことでした。

上記の図のように右の骨盤が高く、左の骨盤が低い状態でした。

またつま先も左がやや内旋位が認められました。

そして痛いのは左の肩でした。

このような歪みの連鎖がみられる方は多くいらっしゃいます。

改善へのアプローチもこの連鎖を考慮して全身に施していかないとなりません。

左肩の痛みは、前鋸筋・菱形筋が緊張していることで肩甲骨が上に外に変位してしまったために発生していると考えられます。

まずはこの筋肉へのトリガーポイント療法を行います。

続けてこの連鎖を引き起こしている骨盤周辺へも施術を行い、左右差を無くすようにしていきます。


ご自分で行うのよいスクリーニングがございます。

ヨガの「三角のポーズ」です。

このポーズは内転筋、中殿筋、腹斜筋、前鋸筋、菱形筋、板状筋を効果的に伸ばしてくれます。

逆にこのポーズで左右差があれば、このどこかで歪みが出ていることになります。

ぜひ試してみて下さい。

三角のポーズ 体が一枚の板のように平らになるように意識して行います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です