腕~指にかけてのシビレのある50代女性の症例

肩を痛めて治療をされている患者様が、最近左腕~指(第1指、第2指、第3指)が痺れるというご相談を頂きました。

お話を伺うと数日前に寝違えたとのことでした。

また肩の夜間痛もあるそうで、寝る姿勢なども苦労されている様子でした。

肩から来ている可能性もあったので、動作確認や腱板の検査を行いました。

触診で肩を調べましたが、今までの状態との違いは感じませんでした。

首の触診をした際に左の斜角筋に硬結を感じました。

斜角筋のトリガーポイントの関連痛領域に腕から指があります。

斜角筋のトリガーポイントと関連痛領域

斜角筋のストレッチをしたところシビレの部位に症状が出ました。

また今度は逆に短縮させたところ、これでも左腕に症状が出ました。

これはトリガーポイントによる関連痛でみられる伸長痛、短縮痛です。


今回のお悩みは首の筋肉である斜角筋の影響が疑われます。

肩の痛みが続いており、肩からの痛みなのか、または橈骨神経痛や胸郭出口症候群など神経性のものなのか、可能性を色々見ましたが今回の症状はまず斜角筋を治療することにしました。

今回寝違えたのも元々は肩の夜間痛が原因でしたが、2次的に起こった首の病変がシビレの症状を引き起こしました。

肩だけにとらわれると見落としてしまいがちですが、毎回しっかり患者様に向き合うことを痛感致しました。

肩はキネシオテーピングで滑液包炎の緩和を図ります。

患者様がご自宅でできるようにお写真に記録させていただきました。

キネシオテーピングはストレッチ位で貼り、わざとたわむようにします。これが局所の代謝を高めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です