キッズヨガ

マツヤアサナ(魚のポーズ)

こんにちは。

島内しみず整骨院 しみずカラダ研究所 清水です。

本日土曜日はキッズヨガでした。

子どもたちにヨガを教える時はいつも「目的は何か」をすごく考えます。

大きな目標は一応持っていて、


①筋力、バランス、柔軟性、自分の体をコントロールする神経といったフィジカルの向上

②自分で自分の体や心をケアできるようになる技術の習得

③難しいこと、痛いこと、苦手なことに勇気をもって取り組め、成し遂げる成功体験を得る


まさに「心・技・体」ですね。

でも子供たちはそんなこと関係ないです。


大人はヨガをやる目的を自分で持っていますが、 子どもは楽しい、うれしい、悔しい、やってみたい、そういった感情で動きます。


「子どもたちにこう感じてもらいたいから、今日はこれをしよう。そのためにこういう遊びも入れてみよう。」

それが大きな目標へはどうつながっていくのか。

そこを必ず持って指導するようにしています。

でも子ども達から教わることも多いですね。

お互いが教え、教わり、これはどんな場面でも同じなのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

4度目のオリンピックへ