頭痛を伴う首のこりの解消法

なぜ頭痛がするのか

✔後頭部や側頭部に痛みを出る

✔首が凝っていてツライ

✔肩こりもツライ

✔夕方になるにつれて首の調子が悪くなる

✔口が開いていると指摘されたことがある

✔パソコンを使う時間が長い

一つでも当てはまったら、姿勢を横からみると、肩よりも頭が前に出ている 頭部前方突出姿勢があるかもしれません。

通常よい姿勢の場合、肩の先(肩峰)の上に耳の穴(外耳孔)が位置します。

しかしこの肩の位置より耳の穴が前方にあると首には過度の負担がかかります。

特に頭と首をつなぐ「後頭下筋群」が常に緊張することになり、トリガーポイントを刺激し側頭部周辺の痛みを引き起こします。

また頭が前に移動し、目線が下がってしまうことを防ぐために頭を起こす筋肉である「板状筋」や「半棘筋」が緊張することで、トリガーポイント化し後頭部の痛みを引き起こします。

首凝り頭痛の解消法

こちらは当院で首凝り頭痛でお悩みの方に取り組んでいただいているセルフケアの一部です。

①首のマッサージ・・・こちらは凝りの核心部の筋肉を自分でマッサージする方法です。

②アゴ引き腹筋・・・こちらは首の前側を鍛えることで、後ろ側を伸ばすという反射の作用を使ったストレッチです。

①はこまめに1日何度も行いましょう。②は1日の終わりの夜、体力に合わせ1~3セット行ってみましょう。

ひとりでは取り組みに不安な方

当院ではこのようにセルフケアを大切にして根本からの改善を図っています。

本当に症状を治したいとお悩みでしたら、当院が責任を持って改善プランをご用意し、一緒に取り組んでいきます。

まずは一度ご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

当院の特徴の運動指導