ヨガが治療に有効な症例

肩甲骨の痛みは足から来ているかもしれません

こんにちは。

島内しみず整骨院しみずカラダ研究所 清水です。

こちらの患者様は、左肩甲骨間~肩、腕にかけて痛みがあり、ご来院くださいました。

また過去には腰のヘルニアを患ったこともあるとのことで、背骨に不安があり、そこも不安があり知りたいとのことでした。

↑の写真はヨガの三角のポーズをとってもらっている様子です。

左右の写真では手の高さの違い手の角度の違いが分かるかと思います。

また別角度から見ると、右の三角のポーズでは上半身が前に倒れ気味でした。

これはラセン線とよばれる筋膜のゆがみがあると起こります。

このゆがみがあると↓の写真のような特徴的な姿勢となります。

出典:PhysioOsteoBook

上記のような症状では左肩甲骨が押し上げられてしまうので、左肩に障害が出やすいです。

また右の腰の筋肉が緊張してしまうので、ヘルニアになる場合左に髄核が飛び出すので左足に症状が出やすいです。

お話を伺うと、ヘルニアを患った際は左に症状が出ていたそうです。

このように三角のポーズは自分のゆがみの判別となります。

また三角のポーズに取り組み、左右均等にポーズが行えるように練習することで歪みの解消になります。

ぜひ試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

キッズヨガ