片鼻呼吸法

こんにちは。

しみずカラダ研究所 清水です。

ヨガの練習の後に「ナーディショーダナ(片鼻呼吸法)」と呼ばれる呼吸法をします。

この目的は自律神経をニュートラルに戻すことです。

ヨガでは左の鼻から呼吸をすると副交感神経が、

右の鼻から呼吸をすると交感神経が優位になると言われています。

①右の親指で右の鼻を押さえて、左の鼻から吸います

②左の鼻を薬指で押さえて、右の鼻から吐きます

③これを5回繰り返します

④今度は左の鼻を押さえて、右の鼻から吐きます

⑤これも5回繰り返します

こうすることで副交感神経・交感神経のバランスを整え、自律神経をニュートラルに整えます。




よく私は片方の鼻が詰まっていることが多いのですが、本日は両方の鼻が通っていてとても気持ちよかったです。

これだけのことですが、気分が良くなりました。

そういえば本日は練習がスイスイできた気がします。





ヨガでは鼻呼吸を大事にしており、鼻の洗浄もよく行います。

みなさんも鼻どちらか詰まってませんか??


案外活動中は左が詰まり、落ち着いているときは右が詰まっているかもしれません。

両方がしっかり通ることでニュートラルでいられます。


鼻もチェックして、労わってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です